MENU

教会での葬儀の流れやマナー

教会での葬儀の流れやマナーなど(前夜式・告別式) 正統派キリスト教会。キリスト者メモリアル礼拝をするための時間は、1時間前後がおおかたです。葬送儀礼に出席したら終わりまで列席していることがエチケット(マナー)ですから留意致しましょう。

 

教会での葬儀の場合のお通夜の言い方

 

キリスト教信仰者メモリアル礼拝に当たっての「通夜」の名称。

 

仏式の葬祭行事で使われる名前のお通夜は、正統派に属する教会では「前夜式」という言い回しをします。

 

ローマ・カトリック・チャーチの場合は、通夜のお祈りという言い方も用います。

 

教会での葬儀の場合の生花など

 

キリスト者追悼でアレンジする生花祭壇に関わることとしては、花の品目や色取りについての絶対的なルールはございませんないです。

 

お好きなフラワーを、ご希望通りのパターンでで配置して大丈夫です。

 

喪主がする参列者へのご挨拶の心がけに関しましては、仏門宗教観を控えながら、キリスト者の世界観を、信者ではない参列者でも分かりやすいことばでお伝えすることとなります。

 

教会での葬儀の弔電や電報

 

電報をご紹介するタイミング。

 

弔電(お悔やみの電報)は、仏道の死生観を含んで書き綴られているというのが頻繁にありますから、キリスト教信仰者葬祭の真っ最中ではご紹介しないことにしているキリスト教の教会というのも多々ございます。

 

それでもなお、せっかくもらったので、発信人の人名は披露します。

 

キリスト者メモリアル礼拝が終幕してから、お食事を持つかどうかは随意で決められます。

 

キリスト教団体における礼拝施設でお食事できないという時には、セレモニーに対応している料理屋に移動すると可能になります。

 

教会での葬儀にかかる費用の相場情報

 

基督教葬別儀式にかかるプライスの参考としては、葬礼会社に対しては一日葬儀で50万円、前夜式も行う二日の教会葬で80万円前後が参考となります。

 

キリスト教団体へは一日葬儀で10万円、前夜式も行う二日のお葬式で二十万円ほどが基軸です。

 

教会員メモリアル礼拝にかけての弔金の名称。

 

お香典に関しては、お香を焚き上げるためのコストという意味の呼び名となりますが、クリスチャン葬別儀式においては生花祭壇を設営しますので、御花代という言い回しをします。

 

ただし、カトリック団体では心地よい香りのお香を焚き上げることも多いですので、おミサ料と呼ぶのが通例です。

 

御花代についての尺度としましては、一般会葬者のケースでは5千円、親類もしくは産業関係の方のケースでは30000円あまりのケースもあります。

 

教会での葬儀の流れやマナーなど(前夜式・告別式) 正統派記事一覧

プロテスタント教会での葬儀を牧師に依頼しても都合がつかなかった時。現時点では教会組織へ入会していない人向けに、リアルなキリスト教のチャーチの聖職者がわざわざ葬儀会館に足を運んで葬礼奉仕をして下さいます。キリスト教徒のお見送りをしていただくための現役の牧師派遣。近所の葬儀社の式場や、互助組織の葬儀会館でのクリスチャン葬礼のために全国どこにでも対応。プロテスタント教会の牧師に葬儀を依頼した体験談ハズバ...

カトリック教会での葬儀のお通夜の呼び方や服装と所要時間。キリスト教信仰者葬式の「通夜」の名前。仏教葬祭行事で使用されている名前の「御通夜」は、正統派キリスト教会では前夜式という言い回しをします。ローマ・カトリックにおいては、「通夜のお祈り」とも呼びます。キリスト教信仰者葬式での服装(ふくそう)につきましては、標準的な黒服で大丈夫です。ゴールドの髪飾りというような、アクセサリーを着けていたとしても差...