MENU

カトリック教会での葬儀

カトリック教会での葬儀のお通夜の呼び方や服装と所要時間。キリスト教信仰者葬式の「通夜」の名前。仏教葬祭行事で使用されている名前の「御通夜」は、正統派キリスト教会では前夜式という言い回しをします。ローマ・カトリックにおいては、「通夜のお祈り」とも呼びます。

 

キリスト教信仰者葬式での服装(ふくそう)につきましては、標準的な黒服で大丈夫です。

 

ゴールドの髪飾りというような、アクセサリーを着けていたとしても差し障りありません。

 

それでも、仏式装身具は持って行かなくて大丈夫です。

 

教会員弔いに必要な基軸時間としては、壱時間未満がたいていの場合です。

 

葬祭に出席して閉式するまで座っているのが作法ですから配慮して下さい。

関連ページ

プロテスタント教会での葬儀を牧師に依頼しても都合がつかなかった時
プロテスタント教会での葬儀を牧師に依頼しても都合がつかなかった時。現時点では教会組織へ入会していない人向けに、リアルなキリスト教のチャーチの聖職者がわざわざ葬儀会館に足を運んで葬礼奉仕をして下さいます。